今後10年が山場!システムエンジニアの仕事

・まずはじめに

システムエンジニアもプログラマもこれから10年が山場!

理由は最後に書いていますが、順に読み進めて頂けると幸いです。

まず大前提として多くのシステムエンジニアはプログラマからの昇格がほとんどです。いきなりシステムエンジニアとなる事は難しくプログラマからの経験になりますので、一度こちらを読んでみてください。

「今からでも遅くない!誰でもなれる!プログラマーの仕事」

またこのページで述べられている内容は下記内容を前提としています。お手数ですが一読願いたいと思います。

すでに読まれた方、職業情報のみ必要な方は、とばしてください。

オフィスで書類を見ながらやり取り

新卒の履歴書

会議室面接室

新卒の面接

オフィスで書類を見ながらやり取り

転職の履歴書

会議室面接室

転職の面接

採用担当者の悩み

採用担当者の悩み

崖っぷち

転職する勇気

・職種情報

・資格等

システムエンジニアの仕事は、クライアントの悩みをくみ取り最適なシステムの提案、設計、それらをプログラマーに指示する仕事です。

システムエンジニアには基本的に必須資格なんてものはありません。ただし、実力を証明するうえで、資格を取っておくというのは良いことだと思います。一応国家資格があるので列挙しておきます。

  • 基本情報技術者試験・応用情報技術者試験
  • システムアーキテクト試験
  • ネットワークスペシャリスト試験

この3つについてお持ちならば当然有利にすすむでしょうが、SEの場合、その仕事をこなす上で必ずプロジェクトに関わっている事となり、当然職務経歴書に記入できる内容も豊富になる為、職務経歴書で実力を示せるのであれば、正直資格は無くても良いのではないかと思います。

プログラマとしてこれからシステムエンジニアを目指したい方は取った上で会社にアピールするというのも手ではありますが、プログラマからシステムエンジニアへ昇進する場合、プログラミング能力はもちろんの事ながら、チームを統率する能力や顧客とのコミュニケーション能力が重要になるので、資格を取ったからと言って必ずなれるものとは限らないと思います。

・業界情報


・平均年収データについて

これから掲載する平均年収等のデータは、画像クリックで飛ぶ「政府統計から自分で職種別平均給与計算をする」の方法で算出したデータになります。

(更新当時の最新版)

・企業規模(10人以上、全データ合計)

一見安いように思えますが、他の職種の平均給与と比べるとこれでも高く、またシステムエンジニアは今現在不足しているため、さらなるいい条件での転職が可能な仕事です。

30代からぐっと勤続年数があがるのは、プログラマとして行ってきたキャリアからステップアップする年齢がこのあたりからだという事だと思います。

・企業規模(1000人以上)

所謂大企業のシステムエンジニアです。

プログラマでは意外と低めだった大企業ですが、システムエンジニアに昇格すればIT土方とは無縁になる為か、給与はぐっと上がります。IT土方時代を耐え、その後大企業に実績を抱えて就職という手もありますし、大企業に入社しそのまま出世しシステムエンジニアになるという事もあるでしょう。

・企業規模(100~999人)

大企業帯から見たら、すでに年収で100万円近く落ちてしまっています。ただご安心ください。大企業帯でもそうでしたが、長い社会人生活にもかかわらず、SEの勤続年数の平均は10年足らず。つまり転職を重ね、自分を必要としてくれる会社、好待遇の会社への転職が多いという事。

このような事態が起こっている業界にありがちですが、転職を怖がるあまりに価値に見合った給与や待遇を得られていない企業に居続けてしまう方が多々いらっしゃいます。このような企業が平均給与を大きく下げる要因となるので、転職を怖がらなければ、もっともっといい待遇の会社へどんどん転職できるのがSEです。

・企業規模(10~99人)

小規模な企業帯ですが、中規模とほぼ変わらない給与となっています。

こちらも同じく勤続年数が低くなっていますので、様々な転職が繰り広げられているものと思います。

・アドバイス

・就職について

まず初めに、大学や専門学校などでプログラミングを覚えた方も当然ですが、そうでない方もチャンスがある事を言っておきます。

詳しくはこちら

「今からでも遅くない!誰でもなれる!プログラマーの仕事」

大企業を目指すのも中規模小規模企業を目指すのも、それぞれメリットデメリットがあると思います。

まず大企業のメリットとして安定している所、デメリットとしてはSEという仕事柄、プログラマの上位職になるので競争が激しく、経験を積めるかどうかがカギになり、プログラマのまま終わってしまう可能性もあるという事があげられると思います。

逆に中規模の場合、あまり安定はしてないかもしれませんが、ある程度案件を持ってこられる企業であれば、経験を積める可能性は高いかと思います。また先ほど挙げましたが、転職する人間が多いのは中規模小規模会社なので、ポストが次々と空き、自分がSEとして経験を積める状態になるのが速くなる可能性もある為、その経験さえ積めてしまえば、より良い条件の会社への転職も見込めます。

小規模な会社の場合も中規模と同じでチャンスが多いとも言えます。またSEばかりの小規模な会社だった場合、プログラマの足りない部分は外注、社内でプログラマを少人数雇いながら、SEとして育てる会社も当然あるでしょう。

こう考えた場合、転職することを将来前提とするならば、それぞれメリットがあるのでよく考えてみる事でしょう。

・履歴書(ES)

SEを最初から目指すのであれば、プログラム能力だけではなく、どれだけ自分がSEに向いているのかをアピールしておいた方が良いでしょう。その方が、入社後の成長イメージも人事担当者はわきやすく、SE要因として採用される可能性が高まります。

SEの必須条件はプログラミング能力ですが、もう一つの必須条件は、コミュニケーション能力です。

どれだけプログラミング能力が高かったとしても、クライアントから話を引き出せなければ、当然クライアントが必要とするものを提案することが出来ません。またクライアントに提案でき、その後設計に移りプログラマに仕事を配分したとしても、ここでコミュニケーション能力やリーダーシップがなければ、当然計画に狂いが生じますし、そもそも設計通りにモノが出来上がってこないなどの問題も出てきます。

接客のアルバイト経験でもいいですし、サークル活動でも良いですが、人と接することが出来るという事を、積極的にアピールできる内容にしましょう。

・面接

こちらも履歴書ES同様、喋ること、人の目を見れる事、安心感を持てる見た目と落ち着きなどがSEとなる為には必須なので、その点をよく理解し喋りアピールしてください。

・転職について

ここではプログラマまたはシステムエンジニアとして未経験の人の転職について触れたいと思います。経験済みの転職活動については、次の項目「在職者」で書いていきます。

今現在プログラマ及びシステムエンジニアは不足していると言われています。特にシステムエンジニア。

理由としては長い間プログラムなどの専門的分野に辺縁があり、中々コミュニケーション能力を持った人間がおらず、プログラマからシステムエンジニアに昇進させる人材が不足していたことも原因の一つです。

またプログラムについては言語が同じな為、他の国へ外注できますが、クライアントとプログラマの間をつなげるSEだけは外注する訳にはいかず、仕事量やIT分野の増加に付いて行けるだけの人材確保が間に合っていないという現状もあります。

今現在全く違う分野で仕事をしている方にもチャンスがあるのがこの業界です。特に営業や接客業をしていたかたならば、尚更システムエンジニア向きですので、まずはプログラマとして最低限の知識と経験を積む事だと思います。

それさえ出来てしまえば、クライアントやお客様とのコミュニケーション能力をいかんなく発揮できるシステムエンジニアへの道はすぐそこだと言えるでしょう。

今後配送やその他分野で、様々な種類のシステムエンジニアが必要な時代になりますので、今から転職を考えても遅くはないかと思います。

プログラマになる方法等はこちらを読んでください。

「今からでも遅くない!誰でもなれる!プログラマーの仕事」

私の元の義理の弟は、全く違う業種から人柄を買われプログラマ、システムエンジニア、今では大企業の部長となっています。

チャンスが大きくある業界なので、是非挑んでみてください。

・履歴書(ES)

プログラマになる!という事での履歴書になりますが、ここでは将来的にSEになることを前提としたアピールをしておきましょう。

会社が求めているのはクライアントとプログラマをつなげられる人材です。プログラミング能力については当然相性もあるかと思いますが、ある程度実践すればできるものなので、ここではWordやExcelなどは普通に使える程度、もしくはそれ以下でも大丈夫です。

システムエンジニアになるんだというやる気と、今まで培ったお客様との取引、クライアントとの信頼関係など、一見全く場違いに思えるような内容ですが、このような事をどんどんアピールしてください。

・面接

面接について一緒で、PCの技術アピールではなく、人と接する事が出来るというアピール、まるで営業に来たかのような感じの面接でいいかと思います。もちろん笑顔も交えて。

プログラマの方でも書きましたが、私自身義理の弟の薦めで一度試験と面接を受けた事があります。高田馬場にある会社ですが。

当然全く知らない世界な訳ですから試験なんてほとんど適当。

総勢何十人かいたなか、私一人だけ合格した経験があります、明らかに周りはプログラマとして経験者もしくは学校で学んできた人たちなのにです。

これについては面接を受ける前に、義理の弟からプログラム能力じゃなくその先を見据えた採用をどこもしている、と聞いていた効果もあると思います。

積極的にしゃべり笑い、最後私の名前だけ合格者として呼ばれました、違う職につきましたが…。

なので皆さんも、今現在のPC能力ではなく、人としての社会人能力をアピールした方が今後の為にもいいと思います。

・在職者へ

プログラマとして経験があるのにシステムエンジニアになれない方は、コミュニケーション能力をつけた状態で、他社へ転職してしまうのが一番手っ取り速いと思います。

会社内でついたイメージの払しょくはかなり難しく、一度つけられてしまったコミュニケーション能力へのレッテルは改善するより転職した方が速いです。

またすでにSEの方はサイドバーもしくはスマホやタブレットの方は記事のずっと下の方にあるバナーにキャリア転職のサイトがありますので登録してみてください。今いる環境が世界で一番待遇が良い!という場合を除き、多くの場合、今以上の待遇を受けられるチャンスがあると思います。

基本的にある程度の地位、部長や取締役などの場合は迷うかもしれませんが、それ以外に関しては、転職を繰り返すことでより良い待遇、より良い給与を得られる仕事だと思います。

他業種のように、転職することで一からスタートになることは無く、今までの経験をそっくりそのまま引き継いだ上でプラスαの地位や待遇給与が得られる売り手市場ですので、積極的に登録し周りをまず見てみる事をお勧めします。

その上で、今以上の待遇はない!という会社ならば当然転職の必要はないでしょう。

サイドバーや記事下の方に出るもの以外にもこれだけたくさんありますので、様々な会社で話を聞くことをおススメします。

PR

転職力診断
今の年収で満足ですか?
typeで転職した71%が年収アップ!

転職エージェントのパソナキャリア
IT・インターネット・ゲーム業界に強い転職コンシェルジュ【WORKPORT】
■□ 年収1000万円以上の会員制転職・求人情報サイト ビズリーチ □■
IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

IT業界に特化した転職支援サービス

・履歴書(ES)

SEの方の場合は今までの案件を出来る限り魅力的に職務経歴書として作り上げてください、書式に関しては全く問われませんので、一つ一つの案件で起こったトラブルや対処した事、その後の展開やプログラマとのやり取り、これらを一案件一枚ずつ書類にしておきましょう。面倒に感じますが、一度作ってしまえばあとは足していくだけですので、作っておくほうが良いです。

会社の経歴より案件内容やトラブル対処などの方が、ぐっと魅力的に映ります。

プログラマの方はコミュニケーション能力とある程度幅広いプログラム言語への理解を示した方が良いでしょう。SEですので会社にもよりますが、より幅広い言語理解の方が、当然様々な案件に対応できますので、そこをアピール。前社では評価されなかった部分とどうそこを改善してきたかという問題意識を持っている事、向上心を持っている事をアピール。

当然ですが、SEと一緒に相談し作り上げた案件に関してもアピールポイントとなるので書いておきましょう。

※あまりにも詳しく書きすぎてしまうと案件ごとの情報を漏らすことになるので、伏せる所は伏せておきましょう(会社名など)。

・面接

上記職務経歴書と履歴書のアピール、会話能力が主だと主だと思っておいてください。

SEを目指した転職ならば、ここで仮にプログラマとして採用されたとしても、その将来のSE像が人事の中で鮮明に思い描かせる事、これが一番重要です。

仮にそれが出来なかった場合、またプログラマとしての長い社会人生活を送ることとなりますので、出来る限り入社後SEの道が用意されるようにアピールが必要です。

・キャリアアップ

これはここまで言ってきたプログラマからのSEキャリアアップのお話になります。

プラスαもし必要だと感じるならば資格を取っても良いですし、他の言語の勉強もし、様々なクライアントの案件に対応する能力をつけておくのも良いでしょう。

また英会話などを身に付け、大手企業の海外案件に関われるようにしておくのも良いかもしれません。

実際に義理の弟は通訳を連れてはいますが、スイスなどに頻繁に飛んでおり、社会人になってから英会話で多少学んだそうです(高卒)。

・独立

SEとしての独立と考えた場合プログラマの場合の下記のようなフリーランスではなく

PR
フリーランス向け!高額×エンドユーザー直案件なら、【エンジニアファクトリー】

フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】

会社を設立する、もしくは上記のようにフリーランスのプログラマを使い、案件を処理していくことが主になると思います。

まずは自分でクライアントを獲得し、上記のようなサイトでフリーランスへ仕事を投げるか、自分で手を入れるか、プログラマを雇うかなどになります。

まずは会社として設立してしまって、信用を得る事から始めるのも良いかもしれません。

その際には、今まで会社員としてかかわった様々な案件自体が、会社設立後の信用となりますので、先ほど作った職務経歴書の内容を少し変えて、サイトを作ったり営業する際の資料として持ち歩くのも良いと思います。

・終わりに

プログラマもSEも今現在ですら不足しています。

今後のIT化を考えればまだまだ必要な分野ではありますが、義務教育でのプログラム必修などで今後はライバルが増えてくると予想できます。

そこを視野に入れると、今後10年までにどれだけキャリアを築けるか、優位な立場になれるか、転職し地位を得るかにかかっていますので、あまり悩む時間はないかと思います。

今現在の不足している売り手市場の時にうまく立ち回って、地位と給与と待遇を得ておきましょう。