「座れる通勤列車」より「座らなくてもいい通勤範囲」

こんにちは!

今日から時事ネタから業界や社会について絡める記事を書いて行くこととしました。

このサイトの目的は、就職者転職者在職者支援で、個別相談に乗ることもその一つではありますが、それだけだとどうしてもサイト自体が停滞してしまい、結果的にアクセス減、こうなると掲示板も機能しませんし、個別相談だけのサイトになってしまい、サイト運営の意味が薄れてしまいます。

まず時事ネタから業界や仕事に対する考え方の記事を充実することで、就職先や転職先、さらには将来設計に役立ててもらう、それを通して必要になった職種業種別記事を書きあげる、その中で今まで通り相談に乗り支援するという形にしますので、時事ネタにも力を入れていきます。

スポンサーリンク

座れる通勤列車

この話題、社会人の方なら当然ご存知かと思いますが、通勤列車などで指定席などを設ける事で、通勤時「座れる」事を目玉にした商品。

通勤時間にスマホで情報収集したり、スケジュールのチェックや今日一日のやる事書き出し、経済新聞などの読み込み等、出来る事は沢山あります。

そんな中、立ちっぱなしではなく座れる通勤電車。

これは一瞬魅力的に映るかも知れまん。

ですが、そもそもどうなのでしょうか。

座る必要があるのでしょうか。

私が大事にしてほしいのは

「座れる通勤列車」より「座らなくてもいい通勤範囲」

を選ぶことです。

会社を選ぶ訳ではありません。

住むところを選ぶのです。

首都圏でも、探せば無理なく住める物件はいくらでもあります。

電車通勤じゃなくても、原付通勤やリードバイク通勤でリフレッシュすることが大事。

そして座れる通勤列車の一番の弊害は、ONOFFが曖昧になる事だと思っています。

先ほど、「スマホで情報収集、スケジュールのチェック、新聞を読む」など、空き時間を利用することについて触れましたが、スケジュールのチェックや、一日の業務内容の整理などは会社についてからでいい事です。

またスマホで情報収集は立っていてもかまいませんし、新聞などは朝家で読めばいい、リラックスしながら。

会社と家を結ぶ「通勤」が、座れる状況を作る事で、会社で完結させずに電車に仕事を持ち込む、挙句家にまで仕事を持ち込むようになることを、私は危惧しています。

どんな仕事でもそうですが、ONとOFFをしっかり切り替えられる人ほど出世し、それが出来ない人間は、ズルズルと遅れを取っていきます。

働く時は働く、休む時は休む、会社は働く場所、家は休む場所、そして通勤時間は単なる移動です。

何が一番重要か?

座れることが重要ではなく座る必要がない通勤範囲に住む事が重要です。

私は何度も転職していますし、近隣で異動も多かったのですが、その都度引っ越しをしています。

一軒家を考えていらっしゃる方は、後述しますが、ここでは賃貸でお話します。

私が通勤に使っても良いと思える時間は、家を出てから会社に付くまで

30分以内

です。

家を出てからですので徒歩の時間も含まれます。

都内でも住んでいましたが、探せばいくらでもあります。特に都内の場合列車本数が多いので余裕です。

場合によっては家を出てから原付やロードバイクに乗り30分以内でも良いです。

この移動時間なら、そもそも座る必要はないですし、立ちながら必要最低限のスマホ情報収集ぐらいはできます、必要最低限でいいのです。

この片道最低30分以内、これは本当に最低限です。

近ければ近いほどいい。

よく考えてください。

あなたは、これから仕事だと感じる瞬間はいつからですか?

あなたは、仕事が終わってリラックスできると感じれる時間はいつからですか?

大抵の方は、家を出る瞬間、家に着く瞬間です。

一日24時間しかありません。

睡眠時間も限られていますし、自分の時間も限られています。

片道30分通勤でも、往復1時間かかります。

この通勤時間も気持ちの上では勤務時間とさして変わらないのです。

ですがこの時間を短くできれば、睡眠時間や自由な時間を増やせます。

ロードバイクや原付など趣味でもあれば気分転換に充てられます。

走っても良いでしょう。

ですので座れる通勤電車ではなく、座らなくてもいい通勤範囲を得てください。

毎日がもっと充実するはず。

家を買ってしまった方。

通勤時間を趣味に充てられるようにしましょう。

都内で車を持つのは難しいかも知れませんが、バイクなら可能です。

ロードバイクでも良いでしょう。

読書が趣味なら、座れる通勤電車でも良いでしょうけど、忘れないでください。

会社を出たら、仕事が終わったと感じれる環境を作り上げてください。

これが重要です、それが出来るのであれば30分以内に限らなくても大丈夫かもしれません。

これから家を建てる方。

出来る限り近くに建てた方が良いですが、それが無理ならいっそのこと始発駅周辺に住むのもありかもしれません。

通勤列車では無理なく座れますし、電車内で行える趣味を持っておくことも良いでしょう。

ただし、これは…やっぱりおススメできません。

出来得る限り近くに住めるように努力しましょう。

一時間ほどであれば、往復走っても良いでしょうし。

最後に

社会人になって一番大事なのはONOFFを明確にすることと、やる事をきっちりやった上で、どれだけ自分の自由時間を作れるかです。

心の持ちようも違いますし、家を出る瞬間の仕事に対するモチベーションも変わってきます。

結果的にそれは、仕事自体にいい影響を与えますし、何より自分が一番楽できます。

住むところ、気を付けてください。

PR