転職の履歴書

早速だが上記履歴書は標準的な作りを画像として使っている。

「採用担当者の悩み」

でも書いたが、多くの書類が送られてくる中で、そこまで吟味している時間は無い。そんな中どのように書類選考しているか。

  1. 最低限出来ていない履歴書を排除
  2. 目についた履歴書と職務経歴書を読む
  3. 絶対欲しいと思う人間の履歴書と悩んでいる履歴書といらないと判断した履歴書に分ける
  4. 会社の要望と内定辞退者数などの予測を基に「絶対欲しい」「悩んでいる」から先行する

すべての会社が同じプロセスを辿っている訳ではないが、大体こうだ。

1.最低限が出来ていない履歴書を排除

昨今情報があふれている中で、ここをミスするとは思えないが一応書いておく。

  • 必要項目は必ず書く
  • すべての欄を埋める

多くの書類を別けていく作業の中で一番大事なのは「目につくこと」だ。

例えば履歴書の内容がスカスカだったとしよう。必要項目も書かれてなく適当な印象を受ける、流れ作業の中でこのような悪印象は最悪だ。必ず必要項目を埋めつつ、ボリュームある内容にし熱意を伝えよう。

2.目についた履歴書と職務経歴書を読む

1.を通過した履歴書と職務を読む事となる。

詳しくは後述の「応用と対策」で述べるが、いい意味で目につくと言っても様々な方法がある。

ここではどのような履歴書が読まれて=ほしいと思うかを応用なしのパターンで紹介する。

様々な業種職種の会社に履歴書などを送ると思うが、まず見た目と内容だ。

「採用担当者の悩み」

こちらでも述べた通り、予想通りに人材を確保するためにはどれだけ本気で入社したいのか?が重要。

それを証明するのはズバリ「手書き」だ。

採用担当者の気持ちになってよく考えてほしい。正直面倒で現在ならPCで良いだろうと思う学生や転職希望者は多いと思うが、面倒な手書きだからこそ「入社したいんです」という気持ちが伝わる。

ただしここで注意点がある、手書きも良いが実はPCも良い所はある。

じゃぁどうすればいいか?

手書きの履歴書とPCで作成した職務経歴書を送ろう。

職務経歴書はインターネットで検索すれば、山のようにテンプレートが転がっている、しかしテンプレートは使わずに参考程度にして自作しよう。転職用履歴書に同封されている職務経歴書は基本的には使わないし、デザインも全く別のものにする。詳しくは後述。

もう一つ。

写真の切り方だ。

雑に切るのではなく、サイズを計ってカッターナイフなどを使用し、履歴書の枠キッチリに収まるように貼り付けよう。細かい点だが、こういう所に性格が出るのを当然プロは知っている。

さらに手書きでもう一つ。

これはある意味応用なのだが、ここで記しておく。

字が綺麗な人は良いが、汚い人もいるだろう。

しかしどちらにも有利に使える技がある。下書きと中心線引きだ。

上手い下手別にして、まずは筆圧強めに鉛筆などであえて下書きする。その際、各項目文字が綺麗に揃うように中心線や文字数などに応じて、補助線も引く。

その上からボールペンでなぞるように書く、ズレても全く問題ない。

そして最後に消しゴムで消すのだが、若干下書きが残るように消すのがポイントだ。

この作戦は数を多くこなすのには向いていない為、本命数社だけでいい。

かならず成功するとは言えないが、印象は間違いなく良いし目につく。

 

3.絶対欲しいと思う人間の履歴書と悩んでいる履歴書といらないと判断した履歴書に分ける

ここでは全体的な見た目ではなく「内容」が重要になる。

正直学歴は強みだ。しかし決してそれだけではない、入社したいと思う意欲も大事だが、入社後どのように活躍できるか?を採用担当者がイメージ出来ると尚よい。場合によってはここで配属部署さえ決まる。

履歴書の自己PR欄を、これらのことを意識しキッチリ埋めよう。詳しくは「応用と対策」で述べる。

4.会社の要望と内定辞退者数などの予測を基に「絶対欲しい」「悩んでいる」から選考する

ここは言うまでもなく書類選考の最終段階だ。ここまで残れる書類を準備できたなら、面接はすぐそこだ。ESの場合ほとんどないが、それでも選考落ちすることはあるので上記項目については、徹底してみよう。

履歴書について不思議に思ったことはないだろうか?

メールで済むのに郵送も受け付けている会社が多い事に。

つまり、プラスα同封して自己PRに活かす人も多いという事だ。

またこの書類選考の段階である程度目星がついてしまうので、面接の効果もかなり違ってくる。履歴書やエントリーシートを適当に済まさないようにしよう。

場合によっては筆記試験が合格ラインに達してなくても採用となる場合すらある。

 

・履歴書、職務経歴書の応用と対策

・職務経歴書の書式

ものすごく簡素だが職務経歴書例として載せておく。

見て頂ければ分かるが、これ一枚で一社分だ。

初めての転職の方はこれ一枚で済むだろう。私自身はエージェントを使い、転職を繰り返す事で給与と地位を上げて行ったため、この職務経歴書が合計5枚もあった。それでも一度も応募した会社に落ちた事はない。経験した事がない業種でもだ。

まず職務経歴書で重要なのは、自分がどのような実績を残してきたか?だ。

市販の履歴書に付属しているものでは、そこまで細かく書けないし、自由なレイアウトではない為、自分をアピールしきれない。

職務経歴書で見せたいのは、書類作成能力と実績。

書類作成能力についてはそこまでなくていい、言い方を変えれば転職活動中にだけ有利に働けばいいし、いつでも上達可能だ。

この職務経歴書、現在私は独立し仕事をしているが、データとして保存してある。つまり一度一枚分作れば、それに関しては書き換える必要がない。一枚の中に職歴を押し込めば、ステップアップの為の転職毎に書き換えなければならない。効率を考えても、自己PRの点においても一社一枚をおススメする。

 

 

・職務経歴書の内容

自己PRと言っても様々ある為、中には混乱しうまく書けない人もいるだろう。中には「自分にはPRするような内容が無い」と思っている方がいるかもしれない、だが職歴がある以上、PRする事がない人などいないと私は考えている。

  • 同僚や上司に意見を言ったことはないか?
  • 仕事の内容に関して調整した事は無いか?
  • 同僚同士のいざこざをなだめた事は無いか?

ちょっとしたことでも何でもいい。それをそのまま描くのではなく、事実ではあるが大きく書くことが大事だ、当然嘘はダメ。同僚や上司に意見を言ったのなら、当然改善の余地があると思う部分があったという事だ、それを発見する力があなたにはある。

仕事の内容に関して調整をした事があるという事は、全体を見渡し、効率化または最適化出来る能力があるという事。

同僚同士のいざこざをなだめる事が出来るのならば、コミュニケーション能力がありリーダーシップもある上、人の上に立つ能力もあるという事。

これについてはいくらでもある上、人それぞれなのでお問い合わせかコメント欄で聞いてほしい、アルバイトでも立派な職歴だ。

新たにページを設けるか個別に対応できるか分からないが、最大限の努力はする。

 

 

・辞めた理由は明確に

私は、何度も言うが転職を繰り返しステップアップ、そして独立して今に至る。当然転職回数が多いと、いくらエージェントが付いているとは言え面接で聞かれる。

一番問題なのは、面接で聞かれる前に書類選考で落ちる事だ。これでは言い訳ができない。だからこそ職務経歴書へ辞めた理由を明確に記入しておくことが必要である。

一回目の転職ならば然程気にする必要はないだろう。また同業種への転職ならば、応募した会社が自分にとってステップアップできる環境だと熱意をもって書けばいい。

問題はそうじゃない場合だ。人間関係やクビと言った事が原因だった場合、少々難しくなる。私自身そのような経験がないので、なんとも難しいが…。

勤めていた会社がブラック企業だった場合はどうとにでもなる、これは応募先がブラックじゃない限定。職務経歴が事実かチェックの電話が入る場合も多いので嘘はダメだが、思い切って事実を書くのも手かもしれない。そうすることで反省と自己成長した事をアピールし、失敗を犯したことがない人間より失敗を学んだ人間の方が強いとアピールするのも手ではないだろうか?

これについても個別に相談は受けるが、サイトが軌道に乗るまでは、私ひとりの対応となるので、是非その点ご了承いただきたい。

 

 

・売り手市場であってもしっかりと

売り手市場と買い手市場、詳しく解説はしないが、早い話人手が足りていない業界だ。例えば飲食業や介護など売り手市場にあなたが転職するとする。

ここで注意してほしい事がある。

とにかく人手が足りない業界の場合、履歴書や職務経歴書がいい加減であっても受かったりする。だからと言って手を抜いてはいけない。

なぜならば

入社後の出世に響く

飲食の場合、店長か社長か人事か、介護の場合、施設長か社長か人事か。受かるものは受かるが、受かった後のことをぜひ考えてほしい。あなたは繋ぎのつもりで転職するのだろうか?仮に繋ぎのつもりで転職したとして、その仕事の面白さ、やりがいを感じたら当然続けるだろう。

出世とはその人の能力だけではなくイメージも大きく影響するもの。

人事や店長や施設長や社長が見る書類がいい加減であっては、例え雇ったとしても、その場しのぎの人員だという諦めを植え付ける事になりかねない。

仮にその後やる気が出たとしても、印象が良い状態で仕事を覚えて出世するより、明らかに遅くなる。全く自分の為にならない。

どれだけ売り手市場であっても、手を抜かず、やるべきことはすべてやった方が、どう転んだとしても自分の為になると思っておこう。

 

 

長くなったが転職の履歴書はここで終了させていただく。次は面接に行くが、分からない事があったらコメントもしくは問い合わせにお願いしたい。

 

出来得る限り努力させていただく。