【最大手】リクルートエージェント、リクナビNEXTを解説!

こんばんは!

ちょっと仕事が忙しくなってしまって、中々記事が投稿できておらず、大変申し訳ございません。

今回ちょっと解説してみようと思うのが最大手リクルートが運営する転職専門サイト

リクルートエージェント

リクナビNEXT

この2つです。

スポンサーリンク

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いは?

・リクルートエージェント

求人内容の90%が非公開、また名前の通りエージェントが付き、電話などで直接アドバイスや会員向けセミナーを開いています。

「非公開求人って?」

そのままですね、一般には公開していない求人という事です。

何故そんなことをするのか?

これは企業が欲しい人材をピンポイントで獲得する為、また書類選考や面談などに時間を割くことなく、転職サイト側が、個別に面談した求職者の情報を企業に提案する、つまり無駄なくマッチング出来る形態です。

当然このような場合、通常の求人サイトと違い求職者すべてに電話などで職歴や性格など詳しく聞き取りし、実績などすべて情報化する作業が必要になります。

当然求職者側も職歴入力などするのですが、それだけでは分からない所まで掘り下げ、中には求職者自身も把握していない可能性を発掘し、それを企業に提案する形になります。

企業は通常より高めの料金を払う事で手間を省く、より欲しい人材、より企業や求人者同士が求める仕事と環境を提供することで、その後の離職率も低下するというメリットもあります。

求職者も繰り返しますが、自分自身でも気が付いていないPR材料や実力をエージェントが見つける、様々な話の中でより希望通りの企業に入社出来るわけですので、転職後も安心!

これだけ聞くと良い事尽くしですが、一つだけ注意点があります。

転職サイトなので、今現在社会人として働いている方ならば、全員に申込する資格があるのですが、必ずしも申し込んだ全員が登録に至るわけではないという事。

エージェントの数も沢山いると言ってもすべての転職者をカバーできるはずがありません。また転職者に対して求人を出す企業も、すべてがリクルートエージェントに求人を出すわけではありません。後述するリクナビNEXTだけに求人を出す企業の方が当然多いです。

平日20時からでも土日でも相談可能なぐらいサポート体制は素晴らしいです。

まず自分自身が登録可能かどうかを知るには、実際に申請してみるほかありません。

「どうせ自分なんて…」と思ってる方でも絶対無理なんてことはないので一度チャレンジすることをおススメします。

PR

リクルートエージェント

・リクナビネクスト

こちらも最大手リクルート運営のリクナビNEXT。

こちらはリクルートエージェントとは少し違い、誰でも登録が可能という事。

「じゃぁ普通の転職サイトと一緒でしょ?」

最大手でもありますし圧倒的な求人数もありますが、リクナビNEXTにはオファーというシステムがあります。

これは転職希望者がサイトに登録した匿名の職歴経歴などを、企業側が検索し、欲しいと思う人へリクナビNEXTを通じてオファーという形でメールを送ってきます。

当然企業側の条件に合致した内容の人へ送っている訳ですから、就職成功率は高くなります。

またオファーにも数種類あり、私が把握している限り

①オープンオファー

②プライベートオファー

③社長面談確約オファー

などがあります。

①は大雑把に企業が求める経歴の不特定多数の人に送るパターン。何度も言いますが、だからと言って受からないわけでもなければ必ず応募しないといけないわけでもありません。

これだ!というオファー内容だったら面接の予約などをする形になります。

②プライベートオファーは①のオープンオファーのピンポイントバージョン。

不特定多数というより、より厳選した相手に送っているオファーになります。

この場合、選考が大分省略されるパターンや、採用担当者からの熱いメッセージを受け取ることになりますが、こちらも必ず応募をしないという訳ではないのでご安心ください。

③これはオファーに対して求職者側が、話を聞いてみたい!などのアクションを起こそうと思った際、社長の面談が確約されるという事。

もちろんこれも、面談後にお断りを入れる事は可能です。

リクナビNEXTの利点としてこのようなサービスが受けられる事もそうですが、自分の職務経歴を登録する際に様々なアドバイスページなどを見れることも魅力ではないでしょうか。

初めての転職だった場合、中々難しい職務経歴書の書き方ですが、様々な例をもってアドバイスしてくれているページが閲覧できるなど初心者には優しい作りになっていると思います。

また自分で転職先を探そうと思って登録したとしても、思いもよらぬ好条件を提示されることもオファーを通じてあります。

また新しいサービスである自分の強み診断

を使う事で、今まで気が付かなかった売り込み材料を発掘することも可能。

客観的に自分の強みを知れるこれらのサービスはとても強みでしょう。

PR

リクナビNEXT ネクス子

最後に

最大手ですので転職する気があるのなら利用しない手はありませんし、登録しておいていい条件が来たら転職という手もあります。

リクナビNEXT利用後に、その情報を利用してリクルートエージェントに登録という方法もあります。

使い方は自由ですが、社会人ならば登録しておいて損はないサイトと言えるでしょう。

PR
グッドポイント

リクルートエージェント