働き手不足②(運送・放送・飲食・小売・IT(特にSE))

スポンサーリンク

・前回の続き

前回は看護、介護、保育、建設と厚生労働省にあった人手不足分野について書きましたが、今回は以下

  • 運送
  • 放送
  • 飲食
  • 小売
  • IT(特にSE)

について書いていこうと思います。前回も今回も扱ったものに関しては、いつも通り厚生労働省発表データからの平均年収と業界情報、履歴書面接対応ページを後日続々と追加していきますが、今回はどうして人手不足なのか?実態はどうなのか?について、経験と知人などからによる情報で話を進めていきますのでよろしくお願いいたします。

・運送

今現在間違いなく人手が足らない業界でしょう。

先日ヤマト運輸がAmazon即日配送からの撤退などのニュースが出ていましたが、これはヤマトやAmazonを利用している人だけの問題ではなく、その他運送会社を利用している人、その他ネット販売を利用している人、それ以外運送会社の恩恵を受けているすべての人に関わってくる出来事だと思いいます。

ネット通販などで最近よく話題に出ますが、日常生活で必要なもの、例えばスーパーマーケットなどの商品、日用品、電化製品すべてにおいて、運送会社は関わってきます。

私たちが主に直接関わるヤマト運輸や佐川急便以外にも、press専門の運送会社もあれば、企業専門の運送会社、郵便物に至るまで国内に山のように運送会社が存在しています。

その運送会社が人手不足というのは、ライフラインの危機、それぐらいの感覚でいた方が良いかと思います。

何十年も前、今のようにネット通販が盛んではない頃、佐川急便などに入社できれば将来安泰!家が建つ!なんて時代があったのをご存知でしょうか?

それが今や、昔より荷物が増えた挙句、単価も下がって忙しいのに給与が下がるという悪循環が業界内で起こっています。

それでも工場部品を専門に配送している業者さんや、メーカー直属の運送会社さん、港湾傘下の運送会社さん等、中にはまだまだ給与が良い所があるのも事実。また同じ業界なのに真逆に給与が最近話題の業者さんよりずっとずっと低い会社があるのも事実です。

ちなみに大手宅配の長距離大型トラックドライバーの平均年収が800万超えてるなんて情報もあります。

やはり長距離大型トラックドライバーの年収が高く、続いて大型トラックドライバー、中型トラックドライバーの順に平均年収も下がっていきます。

この中にはけん引免許が必要な業界もあります、コンテナなどを取り扱う会社は給与がやはり高め、また都道府県別で北海道や東京愛知など物流拠点が多かったり、配送先または業者(愛知ならトヨタ)が多い方がずっと給与は良いようです。

この手の…と言うかすべての業種に言える事ですが、なぜかハローワークより転職サイトや求人サイトの方が条件が良いです。

神奈川にあるとある大手企業の配送を担当している会社は中型メインでお宅まで商品を運ぶのですが、こちらもハローワークで当時求人を出しているにも関わらず超ブラック企業、というか闇企業(知り合いが働いてすぐやめた)です。深くは言えませんが察してください。こんなナンバープレートの無い車が車庫内に止まっている企業が堂々とハローワークに求人を出して良いのかと話を聞いてハローワークに通報したほど。

大手サイトだと求人掲載に関して審査があります、ハローワークは無い事は無いでしょうが、御国の機関な為潰れる心配がなく安心しているのでは?とさえ思ってしまいます。

本題に戻りますが、運送ドライバーとして本気で稼ぎたいなら大型免許や特殊免許をとり、大手宅配、大手陸送に入るか、大手メーカーと取引のある会社に入る事です。

ドライバーの場合、通常企業の場合のブラックではなく「闇」企業も多い事ですし、大手関係で少々パワハラ等問題になっていますが、それどころの騒ぎじゃないパワハラに合わないよう、やはり大手と直接取引のある会社が良いでしょう。単価の良さも考えれば宅配でないならメーカー系。そして入社してダメな会社だったら転職する事です。

特殊や大型や中型免許なら基本皆そうですが、より良い環境を常に探した方が良いです、我慢していても良くはなりません、人手不足の業界ですし。

PR

求人/転職/バイト/仕事探しなら ジョブリンクWork

今のところトラックドライバーに的を絞った求人サイトが中々ありません。。。

大型や中型の免許があるなら、思い切ってバスの運転手というのも手ですね。

私の義理の父がバスの運転手ですが、それなりにいい給与を貰っていた感じです、さすがに金額に関しては聞いていませんが、一軒家を建てた後、子供たちに譲り、今現在また自分が住むように一軒家を持っています。

大手宅配なら倉庫作業が一番大変で、運転手ならば将来は安泰なので他業種と見劣るようなことはないですが、独立や大型特殊などのステップアップも視野に入れたいところ。

中型も以前の免許でなら普通免許取得のまま中型免許が付いていますし、今後は別で取らないといけない事を考えると、優位に立てる他、拠点が増える事まで視野に入れれば営業所長などのポストも増えますので、どんどん積極的に狙っていきましょう。

・放送

これが今回最も意外だったのですが、放送に関しても人材不足、人手不足だそうです。

理由はAD。

早い話使いっぱしりなのですが、AD(アシスタントディレクター)からディレクター、場合によってはAPからプロデューサーなども視野に入れるなら全然ありな業界だと思うのですが、今の価値観だとそうはいかないのですね。

確かに下働きはきついですが、ディレクターやプロデューサーは年収はかなり高め。

とはいうものの、制作会社ではそれほどでもなく、キー局と言われる大手や地方局の方が断然高い。

ただこの分野今後成長が見込まれると思うんですよね個人的には。

ネットテレビやネット配信の映画など、この分野においてはディレクターやプロデューサーが存在しないなんてことほとんどありませんし。

価値観が変わってきているのでしょう。

PR

宣伝会議グループ「広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン」

年多くの会員が、テレビ局、広告会社、新聞社、出版社などに内定!「マスナビ」

今のところ専門でいえばこんな所、テレビ局などで検索すれば出てきます。

その他だと

PR

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

こういう所で、同じ大学出身の先輩で、制作会社勤務の人をさがしたり

PR

若者正社員チャレンジ事業

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

内定獲得まで無料サポート【就活ドラフト】

こういう所で探していく形になるのではないでしょうか?

有名なガキの使いなんかも制作会社入っていますし、やる気と自身さえあれば、そう嫌な業種ではない気がします。

またここで培った経験は、WEB系でも活きますし、興味がある方は、是非お話だけでも聞いてみたらどうでしょう?

・飲食

これは人がいませんね、間違いなく。

私も今までの業務上、何社か見てきたのですが、アルバイトさんは意外と集まる業種です、ただし社員さんが全く集まらない。

一番問題に感じるのが、店長さんが大変さをアルバイトさんへアピールしている点。

私が見てきた飲食店の中には確かに改革するまでとんでもない労働方式を取っていた所もありましたが、意外とそうでもなく、現場にいるアルバイトさんの方が肉体的にはきつく、店長さんはキッチリ休みも取り就業時間も法的内に収まっていたとしても、なぜかアルバイトさんへ忙しさをアピールします。

それでは当然人は入ってきません。当たり前です。

将来的な独立を目指す為に飲食店で働くことは悪くないですが、ちゃんとしたお店で修行以外おススメしません。

なぜなら、飲食業は原価率こそ低いものの、その他経費が知られている以上にかかり、かなり薄利な点、その薄利に見合ったリスクではない点です。

フランチャイズオーナーのように安定企業のオーナーの方がまだマシ。

独立よりも、成長している飲食企業が次々世に送り出す他飲食のポストにドンドン乗っかっていく方が、収入的にも地位的にもポスト的にも良いかと個人的には思います。

自分が好きな味があり、その店の味をどうしても広めたいなら修行して独立でしょ。

自分自身の料理に自信があるならこれも独立でしょう。

世の中にある大きな飲食企業の多くがこのような形から生まれています。

ただ、安易な考えで独立起業するには一番おススメしない業種です。

飲食業界専門の求人サイト【エフジョブ】

若者正社員チャレンジ事業

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

内定獲得まで無料サポート【就活ドラフト】

一番上以外は先ほども紹介したサイトですが、飲食に興味があるならば、一度飲食業界を体験してみる事です。

また色んな話を色んな会社から聞いてるうちに、意外とやってみたいと思うかもしれません。実際関わっていく中で、一緒に働きながら社員教育をすることもありましたが、正直アルバイトの子たちをワイワイ働くのは楽しいものです。

飲食業が多すぎるのが人材不足の原因かなと。

成長し安定している企業を目指しましょう。

・小売

私一番最初を辿れば小売出身なので意外なのですが、こちらも人手不足だそう。

アルバイト不足なのかな?と思っていますが、社員についてもアルバイトについても特にきついという事もなく、時間通りに帰れますし、独立起業を目指すなら、この分野が一番いいのではないかと思います。

私自身様々な事業計画を温めていますが、そのうちの一つがネット通販と実店舗での小売。

これは今の仕事を通じて知り合ったメーカーさんなどもそうですが、小売り時代から続いているメーカーさんとの仲で培った人脈をフルに活かして行おうとしているものです。

ギフト展などでもそれなりの人脈を作れますが、メーカーさんとの信頼や直だからこその価格、製造ラインなど小売りを経験していて損だったと思う事は今のところ一つもありません。

ただし、この人脈を作るには、当然大きな会社で小売りを経験する必要があります。当たり前ですが、小さな会社には直接メーカー担当者さんと話せる立場にはなりません。

独立やネット起業、メーカー入社など、そこまでの将来を見据えるなら、大手小売りに正社員として入るかアルバイトとして入るか経験しておくのも手でしょう。アルバイトでも売り場でメーカーさんと直で話す機会がある会社は結構ありますよ。

求人/転職/バイト/仕事探しなら ジョブリンクWork
若者正社員チャレンジ事業

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

内定獲得まで無料サポート【就活ドラフト】

また私に専属転職エージェントが付いたのもこの小売りを経験した後のこと。今現在小売をしている方すべてに転職エージェントが付くとは限りません。バイヤーをやっていたり店長をやっていたりするなら別ですが、新規事業開発や社員教育等や人事等の専門的な分野を経験しておかなければ専属は中々ついてくれません。

今の自分の現状でエージェントが付いてくれるか?またエージェントが付くまでの職歴を築きあげる転職先を見つけるかです。

PR

転職にプロの力を。信頼できる、プロと。満足できる、転職を。
アイデムスマートエージェント。


取引企業25万社以上、豊富な実績とノウハウで徹底サポート!
転職支援のアイデムスマートエージェント!


大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

この手のサイトに問い合わせをし、自分が今現在どの位置にいるのか確認するのも手かもしれません。もしかしたら、すでにエージェントが付くような職歴かもしれませんし、付かなければ付くような職歴にすればいいだけです。

小売業界は正社員として働くにもアルバイトとして働くにも将来を考えてもとても魅力的な業界だと思って言います。

・IT(特にSE)

最後にこれ、IT系でしかもSEです。

プログラマに関しては記事にしているのですが、SEに関してはまだ投稿しておりません。

プログラマの記事

こちらでも色々書きましたが、現在そもそもプログラマ自体不足しています。

更に不足しているのがSE。

SEとはお客様とプログラマとの間を取り持ち、案件の進行具合の確認や設計、打ち合わせなど様々な業務を行う岩場プログラマの先のポジションです。

このSEの難しい所は、プログラマとしての知識はもちろん必須で、その上でお客様やプログラマとの間を掛け持つわけですからコミュニケーション能力も必須。

これがなければSEとして仕事をうまく進められない、逆を言えばコミュニケーション能力のある人間がプログラマになればいいのです。

前の記事にも書きましたが

PR

【未経験からプログラマ】完全無料であなたの就職をサポート

無料で研修を受けながら就活も【ウズウズカレッジ】

こういう所を利用すれば、無料でプログラマとしての技術も覚えられ、就職先も決まります。現在社会人として世に出ている方でも、学歴に不安がある方でも心配いらない業界ですし、今後の成長分野と考えれば、もっともっとこの業界に他業種から人が集まるべきだと思います。

また現在プログラマとして活躍している方でも、なぜか評価されずSEになれない方もいらっしゃると思います。そういった方は一回転職を考えてみてはどうでしょう?

そもそもプログラムを組む際ある程度チームで行う事も多く、そのチーム内でコミュニケーションが取れているなら、後は慣れの問題だと思います。

前も言いましたが、今現在の私はどんな大人数の前で講演しても全く緊張しませんが、以前は人間嫌いでした。

環境が変わればSEとして認められることもあるはず。

またこの業界でSE不足に陥っている要因の一つではないかと思うのが、プログラマのフリーランス化。

仕事を回す企業にSEがいて、そのSEがフリーランスのプログラマに頼み報酬を払うという形。これ自体広まることは素晴らしい事ですし、このように

PR
フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス

フリーランス向け!高額×エンドユーザー直案件なら、【エンジニアファクトリー】

フリーエンジニア5日以内に案件決定!【ギークスジョブ】

高額報酬が得られるフリーランス登録サイトがいっぱいあります。

正直「なんてバブリーな業界だ」なんて思うほどですが、なぜこのバブリーな業界のプログラマとSEが不足してしまうのか。

前の記事にも書いていますが、知人で大手IT企業(違うサイトで書いたかも…)でSEとして働き、現在役員になっている方は、理系も文系も関係なく、高卒です。

本人曰く選択は文系とのことですが、言語ですので言葉な訳です。

文系だから無理そう、理系だからいけそう、という訳ではないと私も教わりました、そして試しに昔面接を受けた事があるのですが受かってます、結局独立目指していたのでエージェントさんがおススメする会社に入社しましたが。

まだ若く、現状に満足していない方は、この分野に今から向かって行っても遅くないのでは?

また既にプログラマとして活躍しているにもかかわらずSEとして仕事を任せてもらえる気配がない方は、

PR

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

GEEKLYのIT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職支援サービス

このようなサイトを使って、もっともっと自分の価値に目を向けるべきです。

・最後に

人材不足、これは企業側の労働環境整備の遅れであり、また求職側との認識のずれだと思っています。

実際には思っているよりひどくない、給与がいい、将来の役に立つ業界も多い、それなのにミスマッチが起きて大して将来性もない面白味もない業界に人が流れてしまう。

もっと様々な企業について知ってもらうために、詳しい記事をどんどん作っていこうと思っています。

また分からない事、就職や転職が成功した例、逆に張り付けているサイトで嫌な思いや騙されたなどありましたらご一報いただけると幸いです。