就職や転職時の志望動機

 

今日は志望動機について書いていこうと思います。

志望動機を聞く理由

まず、これについて考えた方が良いでしょう。

なんでわざわざ志望動機を聞くのか?

「働きたいからに決まってるのにわざわざ聞く意味!」と思ってる方が多いでしょうが、面接に来た皆が皆、その会社で本気で働きたいと思っているとは限りません。

就職活動中ならば、当然本命と滑り止め、場合によっては「全く興味なんてないけれど、とりあえず受けておくか…」なんて場合も。

これは転職でも一緒です。

そしてこのような事があるという事は、その後に様々な影響を及ぼします。

このサイトの「基本」メニューの採用者の悩みを見て頂けたら分かるのですが、様々なトラブルに見舞われます。

例えば滑り止めだった場合。

この場合、当然本命から内定を貰えれば本命に行きますよね?滑り止めと同時に内定出たら当然滑り止めについては断りを入れるわけです。

 

次、全く興味ないけど会社業界だけど、本命落ちたから仕方なく入社。

この場合、入社後ほとんどものになりません。当たり前です、そもそも入社時からモチベーションが上がってないわけですから。たとえ優秀な学歴であっても、やる気のない学生に内定をだすなら、少々大学や経歴の格が落ちたとしても、やる気のある人間を雇った方が圧倒的に会社の為になります。

 

内定というのは適当に出している訳ではありません。理想を言えば、内定を出した人間全員が入社してくれれば楽です。会社の各部署が必要とする人数や能力、それらを合計した数を集める仕事が採用担当、つまり人事。

内定を多く出し過ぎて人数が余っても困るわけですが、断られて補充できないのも大問題です。

つまり微調整をしながらやる気のある人間とそうじゃない人間を見抜くことをしないといけない。

様々な方法をとって、それを見抜こうとするわけですが、そのうちの一つが「志望動機」な訳です。

 

志望動機を聞く理由を理解した上で対策を考える

就活サイトや就活本は今現在山のように出回ってます。

当然人事担当者も就活や転職活動をしていなくとも目を通します。

理由…簡単ですが、型を知るです。

この手の本やインターネットの情報、就職や転職サイトの情報にはがあります。

この旬が問題で、受かりたい!と思っている皆が皆読んでいる訳で…周りを出し抜こうとして勉強しているつもりなのでしょうけど、結果的にみんな一緒(;´・ω・)

 

そりゃそうですよね、みんな同じところから情報を得てるわけですから。

どうする?

実に難しいのですが、何が難しいってここにすべて書いたら結局堂々巡りになるという事…。

どれだけ入りたいのか?どれだけ本気なのか?さえ伝われば、ぶっちゃけ志望動機の内容はどう書いたっていいのです、意志を伝える事が一番重要。

大本命です!って書いちゃっても良いですし、赤ペン使っても良いですし…と書いちゃってますが、このように周りと一緒にしない事が一番。

色んなアイデアあると思いますが、出てこない人は私に問い合わせしてください。あなたの経歴などを聞いた上でアドバイスしたいと思います。

ただし!絶対に受かるという保証はありませんので、皆さん好きなように考えてもらう方が気持ち的には楽です(;´・ω・)

 

転職時特有の迷い

就活とちょっと意味合いが変わってくるのが転職時。

志望動機=前職を辞めた理由につながってしまうからです。

 

給与が魅力的で~=前職の給与が安かったのか…うちで働いても同じような理由で辞めちゃわないかな…

 

これですよね?悩んでいる理由。

私は何回も転職してますが、いつも「ステップアップの為」でした。

正直よく受かったな…と思いますが、この理由を何度も何度も転職するたびに使ってます。

普通なら「ステップアップ先が出来たらまた辞めるな」と思いそうなものですが、一度も落ちた事はありません。同時に何社も受けた事もありますが、そもそも一度も落ちた事がありません。といってもエージェントが付いていたという理由も大きいと思いますが。

ただし、確実にアピールしている点があります。

辞める会社とは良好な関係、辞める前に部下を育てて代わりをちゃんと作った事、会社の財産になるような事業を残してきたことなど、辞めたけれどマイナスにはしていないという事をアピールしてきました、職務経歴書や履歴書を駆使して。

中途で社員をとるわけですから、どれだけ自社にとって利益をもたらしてくれるのかが重要な訳です。

仮にまた辞められたとしても利益を与えて代わりも育ててから辞めている事を知れば、当然リスクも少なくなる訳ですから雇ってくれます。

 

重要なのでもう一度

  • 辞める事となる会社とは良好な関係
  • 辞めても大丈夫なように代わりを用意した
  • 会社に財産を置いてきた

これをうまくアピールすればうまく行くでしょう!

ただし、就活と同じですが、同じようなアピールをした人がいて尚且つあなたより優秀だった場合、受からない可能性もありますのでご了承ください。

退職理由が難しい職種

このサイトも当然SEO対策を考えています。

その中でキーワードを探すのですが、「事務 志望動機」というキーワードを見つけました。

これだけで記事にしなければ意味がないのですが、内容が今以上に薄くなってしまうのでここで触れさせていただきます。

正直悩みました。実際なぜやめる必要があるのか?と私自身が考えてしまうような内容だからです。

そんな中でも考えられる方法。

  • 後輩を育て会社でやれることが少なくなったため、新たなステージへ進み、チャレンジしたい。

こんな感じのどうでしょう?

後半を若干変えて、

  • もっと必要とされたい

でも良いかもしれません。

どちらにしても後ろ向きな転職ではなく、確実に前向きな転職理由な上、今まで以上のやる気を持っている事が伝わります。

ってまた書いちゃいました…

使うなら早めに使ってくださいね!(;^ω^)