【本当に大丈夫?】手書きの職務経歴書

この件に関して質問を頂きましたので、記事にしようと思います。

転職をする際、よく文房具店に売られている「転職用履歴書」を購入すると思います。

これに関しては大賛成です。

なぜか?

履歴書は手書きが望ましいからです。

もうすでに話が決まっていて、後は形式的に書類を用意するだけという場合においては、PCで作成した履歴書で十分ですが、それ以外の場合、特にライバルが多数いると思われる場合には手書きの履歴書が威力を発揮します。

答えは簡単、手書きの方が入りたい!という意志を感じさせてくれるからです。

詳しくはこのサイトの基本ページに多数書かれていますのでそちらをご覧ください。

本題です。

スポンサーリンク

職務経歴書は手書きが良いの?

恐ろしく字が綺麗な方は、手書きで良いかもしれません、その場合履歴書はPCで作成してください。

つまり履歴書と職務経歴書どちらも提出する場合、どちらかを手書き、どちらかをPCで作成、これに意味があります、と言っても最低限パソコンは使えます程度ですが。

では、手書きが良いのか?

手書きでも良いとは思いますが、個人的にはPCでの作成をおススメしています。

なぜか?

書式を自分で選べ、自分の職務経歴を綺麗に魅力的に見せる事が出来るためです。

手書きの職務経歴書の場合、一枚に一つの履歴、もしくは何枚に渡って記入していくことになります。

当然ですが大事なのは形式でもなく書式でもなく内容なのですが、転職活動をするという事は、今現在の職について満足できていない、もしくは売り手市場の業界に勤めており、声がかかるのどちらかかと思います。

職務経歴書をPCで作成するメリット

先ほど述べたように魅力的に自分をアピールするツールとして使えるという事。

もうひとつ。

一度作ってしまえば、その経歴書に関しては今後弄る必要がなく、保存しておけばいいし後で手直しする場合も容易だということ。

これはほんの一例です。

書式に関してはどのような形でも構いませんし、見た目をカッコよくしても、項目を追加してしまっても良いかもしれません、プレゼン資料を作る感覚です。

ただし、あまりに逸脱したものにはしないでください。

POPフォントを使ったり、あまりにカラフルなものではいけません、一応書類だという事をお忘れなく。

ExcelやWordなんて持ってない…

ないなら買ってしまおう!というのは簡単ですが高いですよね。

しかも、最近ではサイバーエージェントなど、市販のExcelなどを利用しない会社も増えてきました。

どうするのか?