【超簡単入稿】オリジナル名刺を画像入稿で作ってもらう【超綺麗な印刷】

こんにちは。

こちらのサイトでは、独立などについても書いていますので、今回はオリジナルの名刺を超簡単に、しかも自分の好きなロゴを作ったり、字体にしたり、色を鮮やかにしたりできる方法、またそれを可能にしてくれるネットプリント印刷会社さんをご紹介します。

ちなみに今回は一般的に知られているこれらの方法を取りません

  • illustratorは使わない
  • Wordは使わない
  • その他難しいものも使わない
  • 切り取り線付き印刷紙を使わず、プロに頼む

こんな感じです。

Wordの規格化された入稿データ面倒くさい

Excelの規格化された入稿データ面倒くさい

illustratorないと門前払いされる

こんな心配はいりません。

Excelがあれば楽ではありますし、面白いものも作れますが、なくても大丈夫。

必要なもの

Excelを使うならCubePDFという無料ソフトとGIMPPictBearという無料画像編集ソフト。

②画像ソフトだけで作るならPhotoScapeGIMPという無料画像編集&作成ソフト。

これだけ。

とはいうものの、当然プリントを依頼する会社さんも必要になりますが。。。

作成

Wordで入稿できるネットプリントは沢山ありますが、今回はExcelを使います。

さらにこれらのソフトを使うのですが、入稿形式は「画像」です、つまりWordやExcelや使ってデザインするだけで、入稿する際はこれらの形式ではなく、画像に変換し入稿します。当然スクリーンショットではありません。

なので、後述するのですが、そもそもこれらソフトを使わなくても、無料画像作成ソフトだけでも作れます。

個人的にはWordではなくてExcelがおススメ。

理由としてはロゴが作れる、枠線がある、ワードアートがある事。

ロゴに関しては、画像や図形やワードアートを組み合わせる事で簡単に作成可能。

枠線の必要性については名刺を一色で塗りつぶしたい、例えば黒い名刺を作りたいときや、ワードアートで作成中など、枠線が名刺サイズの目安になるからです。

①②共通

まず①でも②でも同じ作業なのですが、台紙を作ります。

名刺はサイズがある程度決まっており、それに合わせて作らなければ、せっかく作ったロゴや文字が見切れてしまう事に。

今回依頼するネットプリント会社さんの名刺サイズは55mm×91mm

縦でも横でもどちらでも作れますが、サイズはこれ。

このサイズで作ってもいいのですが、画像にした際大きい画像を縮小した方が綺麗に見えますので、同じ等倍で大きくしたものを用意します。

まずはGIMPをひらく。

そしてファイル⇒新しい画像の順番に開く。

するとキャンパスサイズ(画像サイズ)と出て、横に

こんなのが出てきますが、この「PX」をクリックし、「ミリメートル」に変更します。

あとは55mm×91mmをお好きな大きさに引き延ばしたサイズを指定。

あまり小さいと画像が荒くなりますし、大きすぎても編集しづらい。

倍ぐらいが丁度いいと思います。つまり110mm×182mm

分かっているとは思いますが、幅の部分高さの部分に入れる数値で、縦型か横型決まりますので注意してください。

Excelの場合

そして画像をひらいたら、まずは塗りつぶさなければいけません。

今回は、単純にサイズの比較としてこの画像を使うだけですので「編集」「背景色で塗りつぶす」をクリック。

そしたら「ファイル」をクリックして「名前を付けてエクスポート」を押し、デスクトップでもどこでも分かりやすい所に画像をだします。

エクスポートを選ばないと、GIMPでしか開けない画像が出来てしまいますので、必ず名前を付けてエクスポートしてください。

あとはExcelを開き、画像を挿入で今作った画像を入れる。

出来たら、枠線の列と行をある程度画像の大きさに合わせてください、一つのマスではなく複数で良いです、最後の列と最後の行を把握出来てればOK。

出来たら、その画像の範囲に当たるセルすべてを、完成した時の色に塗りつぶしてください。

そしたらあとは、ワードアートやセルを調整して文字を入力したり、ロゴを作って配置したりご自由に。

ただし注意点。

ちょっと小さくて分かり難いですが、実際にネットでアップロードした際は「余白」が必要になります。このように赤い線をつける必要は無く…というか、付けてしまうと印字される際に残るので、付けない方が良いのですが、必ずある程度まわりを切り取っても大丈夫な位置にすべてを配置してください。

出来上がったらCubePDFの登場。

ダウンロードとインストールが出来ているならもう準備は完了しています。

印刷をクリックするのですが、普段印刷しているプリンターではなく、その部分でこのCubePDFを選択。

その状態で印刷を開始すると、CubePDFが起動します。

起動したら、ファイルタイプをPNGやJPEGに設定。

名前を付けて印字したら画像が出てきています。

しかしこれだけでは、作った部分以外の無駄なExcelの余白があります。

そしたら今度はPictBearを起動し今印字したファイルを開きます。

選択範囲などで名刺サイズ部分を四角く選択したら、イメージを押しトリミング。

出来上がったらファイル⇒上書き保存で完了。

画像をソフトの場合

①②共通の項目まで出来たら、今度はGIMPで塗りつぶすのですが、画像で作成する場合、この段階で好きな色にしておく必要があります…後で資格の画像を作って台紙にしてもいいのですけどね。

まずツールを押して、ツールボックスを選択。

ツールが出たら、一番下の方に■と□が重なった部分がありますが、上になってる方をクリック。

そうすると色を選択できるので、好きな色をクリック。

出来たら編集⇒描画色で塗りつぶすで塗りつぶし完成。

GIMPの使い方が良く分かっている方は、このままここで名刺を完成させて画像として出力してしまってもかまいません。

分からない方はここで

「ファイル」をクリックして「名前を付けてエクスポート」を押し、デスクトップでもどこでも分かりやすい所に画像をだします。

エクスポートを選ばないと、GIMPでしか開けない画像が出来てしまいますので、必ず名前を付けてエクスポートしてください。

私はロゴや文字の装飾をしたかったのでPhotoScapeを使用。

PhotoScapeを開き、先ほど作った画像をドラッグ&ドロップ(クリックしたまま画面の上まで持っていき、クリックを離す)をしてください。

そしたら左下にあるオブジェクトの中のT=文字、あとは図形で色んな事を試してデザインと名刺の内容を作ってください。

出来上がったら名前を付けて保存、JPEG品質は右いっぱいまで広げて最高に。

これで完成。

完成後はこんなケースに入って届きます。

ネットプリント登録

今回使うのはビスタプリント。名刺だけでなく、画像入稿からオリジナルのTシャツやマグカップやオリジナルカレンダーから文房具などの販促物まで山ほど商品があるサイト。

PR↓これがそのサイト↓


ここの良い所はPDF出稿や規格化されたWord、illustrator出稿など、普通はこれらではないと作れないのですが、画像を出稿しても出来てしまう事。

場合によっては、画像を作らなくても、その場の画面で入力することで出来てしまう。

まずは登録をします。

登録が終わったら名刺をクリック。

プレミアム名刺で問題ないかと思いますが、その他の方が良い方は、色々クリックしてみてください。

選択出来たら詳細を見るをクリック、右にあるデザインデータを入稿をクリック。

縦向きの名刺なのか横向きの名刺なのか選んで続けるをクリック。

左にある画像項目の中のマイコンピュータをクリックし、先ほど作った画像を探し出しそれをアップロード、右の画面の中に放り込む。

出来たら、点線が見えると思いますが、それが余白部分になりますので、そこで文字が見切れないように、四方4点に出ている青い丸印で大きくしたり小さくしたり、真ん中あたりをクリックしたまま位置調整をします。

それを繰り返しつつ、プレビューを見てみると、印刷した時の完成画面がでますので、そちらをまた見ながらクリック。

出来たら次をクリック、私は作っていませんが、裏面を入れたい方は、この画面のまま画像をササッと作って、今までの要領で入れ込んでください。

あとはオプションなどを選ぶのですが、これが不思議。

画像で作ったメリットなのか、光沢などを選ばなくても、全面印刷の為、一番安いホワイトマットで十分印刷面が綺麗です。テカテカさせて目立たせたい人は光沢を。

で注文完了。

まとめて買った方が当然送料など考えると安いです。

またこの方法の利点は、Excelの場合、そのまま保存しておけば、内容の変更などが楽だしデザインも豊富に選べるところ。

またビジネスだけではなく、就活や転職でも個人名刺を作るという手もあります。

フォントについては無料フォントが世の中に山ほど転がってますので、それを使えば色んな名刺も出来ますし、無料画像を張り付けてもいい。

また同じ要領でTシャツやマグカップなどの印刷商品も選べます。

今までずっと地元の印刷工場にレイアウトなども頼んでましたが、自分で作ったこちらの方が、綺麗でずっとカッコよいという謎。

白い部分は分かりませんが、黒でラインを入れた部分は光沢感ありますので、全面黒色の白文字などにしたら、光沢感も凄そう。

もうここ以外使う気がない私です。皆さんも是非一度注文してみてください。ビックリすると思います。

PR↓これがそのサイト↓